楽天カード

主婦・フリーターOKのネットショッピング向きカード

楽天ポイントを貯めるなら楽天カード一択で

楽天カード

CMで馴染み深い楽天カード、24時間WEBから申し込み可能で、発行手続きが簡単なのが特徴。スマホからの申し込みにも対応しているので、自分用のパソコンがない方も安心です。楽天市場はもちろんのこと、JCB、master、VISAが利用可能なお店ならどこでもポイントが貯まります。友人、家族への紹介でも、ボーナスポイントがもらえるので、自分で使い勝手を試した後に、積極的に周りに紹介をして、ポイント稼ぎをしてみてもいいでしょう。

  • 年会費:完全無料
  • 発行スピード:最短3営業日発行
  • 利用者の口コミ評価:評価

⇒詳細申込は公式 楽天カードについてもっと知りたい

 

 

【活用術】楽天カードのお得な使い方3パターン

 

貴方がカードを発行した後、楽天ポイントを効率よく貯めることができるように、私自身が実行しているお得な使い方3パターンを紹介します。

 

◆その1 家計の固定費支払いにカードを利用

公共料金はもちろんのこと、携帯料金、生命保険の支払い、可能な限りの固定費を楽天カードでの支払いに切り替えてみて下さい。100円で1ポイントなので1%の還元率として、毎月固定費が5万円なら500ポイントが付与されます。12ヶ月なら、500×12=6000ポイント。どうせ同じお金を払うなら、間接的にお金が返ってくる楽天カードでの支払いを検討してみてはいかがでしょうか。

 

◆その2 ガソリンスタンドはENEOSを利用

エネオスは楽天ポイントの加盟店なので、カードで支払いをすませれば、ポイントが2倍貯まります。自動車通勤をしている人なら、ガソリン代は結構な金額になるはず。給油の時にも抜かりなくポイントを貯めていきましょう。

 

◆その3 楽天e-NAVIを使ってEdyをチャージ

楽天カードについているEdyへのチャージ、お店で現金でチャージする場合は、200円につき1ポイントです。これを楽天の管理画面「楽天e-NAVI」からのチャージに切り替えると200円につき2ポイントでポイント倍増。付与率は変わらないものの、自動チャージも選択できます。毎回入金処理を行うのが面倒、つい入金を忘れてしまう、という方は導入を検討してみてもいいでしょう。

 

あくまでクレジットカードは、ライフスタイルをより便利で快適にしてくれるツールに過ぎません。
上手に活用しないと、今ひとつ恩恵を感じない、ということに。まずは、今回紹介した3つの使い方から、クレジット活用の改革を狙ってみてはいかがでしょうか。

 

⇒詳細申込は公式 楽天カードについてもっと知りたい